金融機関でお金を増やそう

仙台銀行でお金を増やそう よく分かる信用中央金庫 定期預金の今昔

よく分かる信用中央金庫

信用中央金庫の資金調達

金融機関は基本的に預金業務や各種手数料、融資商品の利息などを利益として資金調達を行っています。たとえば個人や法人が預金商品に預けたお金を資産運用によって増やすことで、金融機関自身の資産を増やすことができるのです。信用中央金庫も例外ではなく、全国の信用金庫や法人、団体に預金商品を提供して資産運用のための資金調達を行っています。

金融機関のホームページを見れば分かるように、預金商品の種類や使い方は個人向けも法人向けもほとんど同じです。信用中央金庫も同様で、普通預金、定期預金、外貨預金、当座預金など各金融機関の利用者にお馴染みの預金商品を取扱っています。全国の信用金庫が金融商品を使って利用者から集めた資金も、信用中央金庫のこれらの預金商品によって資金調達され、信用中央金庫に資産運用されているのです。

信用中央金庫では債券も販売しています。債券というと個人向け国債や外国債が有名ですが、信用中央金庫は金融債を発行できる金融機関の一つなので、信金中金債(通称リツレン)という金融債を発行しています。金融債とは金融機関が発行する債券で、国が発行する国債や地方公共団体が発行する地方債とは異なります。かつては多くの金融機関が金融債を発行していましたが、どんどん少なくなり現在でも毎月のように発行しているのはリツレンだけとなっています。

通常、金融機関が売買する債券は個人から法人まで様々な利用者が購入できますが、信用中央金庫のリツレンは中小企業や機関投資家しか購入することができません。機関投資家とは業務として投資を行う企業のことです。保険会社や証券会社、信託会社など、自社サービスの利用者から集めた資金を運用するような企業が機関投資家に含まれます。信用中央金庫はこれらの機関投資家を始めとする中小企業や信用金庫など、大口の取引先にリツレンを販売して資金を得ています。

仙台銀行でお金を増やそう

仙台銀行の普通預金

仙台銀行の定期預金

仙台銀行で財形預金

仙台銀行で資産運用

仙台銀行のローン

じもとホールディングスと仙台銀行


よく分かる信用中央金庫

信用中央金庫の特徴

信用中央金庫の資金調達

信用中央金庫の資産運用

信用中央金庫による信用金庫へのサポート

信用中央金庫以外の系統中央機関

信用中央金庫で働く


定期預金の今昔

定期預金の金利の推移



 

Copyright ©2017 金融機関でお金を増やそう All rights reserved.

Powered byホームページ制作/SEO-楽夢